自然栽培のお米


自然農家 和(むすび)の自然栽培米

自然栽培 炭素循環農法のお米
田んぼを耕します。農薬・化学肥料・除草剤・動物性有機堆肥なども使用していません。
1年寝かせた植物の炭素資材と、ワラ・ミネラル土を使うことにより、微生物の活動が活発になり稲を育ててくれるという農法です。

動物の糞尿を使った従来の有機栽培のような堆肥も使いません。有名な神社で神事の時に使われる供物を育てておられるところがありますが、農薬や化学肥料、動物の糞尿を使った堆肥は使われていません。自然農家 和(むすび)もそのような思いでお米を育てさせていただいております。


田んぼを耕して、田植をしてから草取りをします。年に2~3回炎天下の中で除草作業をしていますが、自然豊かな田んぼですので除草作業が追い付かず、毎年沢山の草が生えてしまいます。そんな環境下でも、稲たちは草に負けることなく、実りの秋には首を垂れしっかり実ってくれます。
稲刈りをした後に、乾燥機の低温風で乾燥していますので酵素も生きています。一般的な通常乾燥では高温の温風でしていますので、お米がやけどをした状態になってしまいお米の味が低下してしまいます。和(むすび)は、低温乾燥にすることで時間とコストを倍以上かけて丁寧に仕上げています。

植物は人の足音(その人の振動)を感じ取って育つといわれます。子供と同じように、ただ放置するだけでは見事な稲穂にはならないと伝えられています。

自然栽培・炭素循環農法の田んぼのお米 (低温乾燥)


毎日食べるお米、何を基準にしていますか?
毎日食べるお米、何を基準にしていますか?

生きる為に食べることは避けることができません。
私たちの体は、口に入れる食べ物で作られています。
特に子供はこれからの体を作るために活発に細胞が作られるので食べたものに大きく影響を受けると言われています。
いつも食べているお米の選び方を考えてみませんか?

自然農法・自然栽培のお米の値段には理由があります。
それだけ労力がかかり収穫量も少ないからです。
今多くの方が求めているのは安全で安心できて、おいしいもの。
そして毎日食べるものだから、できるだけ体にやさしいもの。

人によって大切な存在は違いますが大切な人を思うように自分自身にも、その思いを分けてあげて欲しいのです。
あなたにもできるだけ体にやさしいものを。そして満たされたあなたからは無理をしなくても自然にやさしい気持ちや、あたたかな思いがあふれ出すはず。あなたの思いは世界の思いにつながると信じて。

2017年よりお客様のご要望にお応えし、お求めやすい『和米(むすびまい)』の栽培、販売も始めました。
無理のない選択肢の1つとしてこちらもご案内させていただいております。




お問合せはこちら
026-405-8026
【受付 / 9:00~17:00】お急ぎの場合はお電話ください
※作業中などでつながりにくい場合もございます。
メールフォームのご利用をおすすめいたします。